kazcast

podcast laboratry

*

kazcast #128<span style="font-size:large;"> <strong>ユナイテッドピープル(株)代表 関根健次さんインタビュー②</strong></span></span>

   

中嶋:
そんな中、今回僕が上映させて頂く「LIGHT UP NIPPON」は、更に強い思いを感じます。この映画を扱うきっかけはなんだったですか?
関根さん:
元々、監督が友達だった、ということもあるんですが、「映画ができる」という話を聞いて予告編を見せてもらったんです。そしたら、もう、予告編だけで泣いてしまいまして。「コレは応援するよ!」ってメッセージを送って、そしてこの配給へとつながりました。
P1010101.jpg
中嶋:
私の友人も予告編だけで泣いてしまった人がいましたよ。
でも、ホント、この映画から私は「本当の勇気」を感じました。
関根さん:
そうですね。
この「LIGHT UP NIPPON」という花火のイベントを立ち上げたのは高田さんという、都内在住の一人のサラリーマン。彼の思いと行動力が、この奇跡とも呼べる、被災地での同時開催の花火大会を実現させ、多くの被災者に、そして日本人に希望を与えてくれました。
この出来事は、「一人の人間の行動は、社会を変える事ができる」、という事実を表しています。強い思いと勇気ある一歩は、多くの人の心を動かし、その一歩を支援する人が必ず出てくる、という事を教えてくれています。
それは、日々の私たちの生活の中でも言える事なんですよね。
何かを変えたければ、人生を変えたければ、自分が動き出せばいい。
その勇気ある一歩が大切であり、それを継続するために必要な信念、そして応援してくれる人々との絆、それが大切だと気づきます。
何も自分で事業を興そうとか、何か大きな事を始めようとか、そんな人でなくても、多くの方々の日常に活かせるメッセージがあると思います。


中嶋:
震災の記憶の風化を心配する声がある中、映画を観る事で、復興の一助となる、という仕組みも素敵ですし、その映画自体の持つメッセージを多くの方と共有できたらと思います。
私が今回、会場のアートスペース展示をしたいと思ったのも、このスバラシイ映画と自主上映という仕組みをより価値のあるもの、ただの上映会ではない、「人がつながるイベント」としたかったからです。今回、その一例として始めた「手形花火」の制作もそういう意味を込め、参加者の「手」を借りて「手」をつなぎ、次の会場にバトンを渡せたら、と思っています。
関根さん:
そのアイデア、いいですね。是非次の会場に繋ぎましょう!
P1150601.JPG
中嶋:
ありがとうございます!
・・・さて、だいぶ、日も落ちてきました。。何やら美味しそうな香りがしてますが、
今日の関根家の晩ご飯はんでしょう?
関根さん:
ええ、おそらく先日獲って来たアサリが登場すると思います。
食べていきます??
中嶋:
ご相伴にあずかります!

 - 日記

アドセンス1

アドセンス1

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
叔父馬鹿①

叔父馬鹿で恐縮なのですが、 こんなオモロくてかわいい光景に出会えるのは とーって …

no image
緊急事態 ②

スイッチを入れてもウンともスンとも言わない パソコン君。 ただ今入院中。 ビック …

no image
TANツアー映像連発1

この前のTANツアーの模様、連発アップ。

no image
大口の海

1年間お世話になった番組の最後の収録の翌日 久しぶりに福岡県の糸志摩半島にある大 …

no image
こおろぎの宴 ~①~

こんにちは! 中嶋です。 今日はカッツキャストではなく、 ライブの告知です! 1 …

no image
蔵開き 4

11-02-08_suginoya8.3gp 浜地酒造さん イチオシの 「恋ほた …

no image
サンドブラスト ⑥

01-02-08_sand9.3gp

no image
ひなまつり10

いいづかひなまつり10 19-02-08_1227.3gp

no image
占ってみた。。②

おみくじ2 06-03-08_1448.3gp

no image
明果園 3

3meikaen21-02-08_1217.3gp